まつコレまつげエクステサロンを探すなら"コレ"

まつげエクステサロンを探すなら"コレ"

健康的な美しさを手に入れよう!

こんにちは^_^2代目まつ子こと、エリです!

最近、暖かいですけど、夜が寒くて体調管理大変ですよね⁈季節の変わり目は、疲れやすく抵抗力が落ちるので風邪を引きやすい時期でもあるみたいです。。

こんな時期にマツ子が思うのは、やはりカラダの内側も美しい「健康美」!
抵抗力を高めて、内側も美しくいたいですよねっ!ということで、今回はこの季節にぴったりの抵抗力の高め方をご紹介してみようと思います(●´艸`)ヾ


ストレスを減らそう!

現在人の生活で「ストレスフリー」というのは、正直難しいのが現実ですよね。けど「ストレスが全くない!」ということは絶対的にイイとは限らないようです。適度な刺激、緊張感があるからこそ、生活や気持ちにハリが出ます!では、ここでいう「ストレス」とは・・・精神や身体へ害を及ぼす程の負担とでもいっておきましょう。

ストレスが多い生活を過ごすとどうなってしまうのか?woman-571804_640.jpg

気持ち(精神)の負担だけだったハズなのに、、、自律神経にまで影響が及んでしまうようです。この「自律神経」とは、生命を維持させるために無意識に行っている「食物を内蔵で消化する」「呼吸を吸って酸素を取り入れる」などという行為を支えてくれているスゴイやつなのです! それに影響が出ちゃうなんて、、大変です(汗) 昔の人は「病は気から」といいますが、まさに本当のことなんですね。 その方の状況でストレス対策は異なりますが、マツ子が実践している対策法3つご紹介します♪

その一、ストレスをストレスと思わない!(些細なコト気にしていたらキリがありません。できるなら流しましょう!)
その二、別の楽しみを見つけて発散!(他者あってこそ社会生活。どうにもできない時もあります。そのイライラエネルギーを趣味などに向けましょう★そのエネルギーで偉業を成し得るかもw)
その三、ストレス原因から離れる!(最後の手段。切り離す勇気も必要です。一、二、実践してダメならサヨナラ♪)



カラダを動かそう!012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_s.jpg

カラダを動かすって気持ちがイイですよね?!けど、ついつい動かすまでが面倒で、、「最近は運動していません」なんて方も多いのではないでしょうか?
実は、カラダを動かすと3つの美味しいことがあんですよ。それは上で挙げたような『ストレス発散』させる作用と、血流を良くし『代謝をUP』させる作用!筋肉が動くとエネルギーが消費され、筋肉伸縮運動によって血流が良くなるようです。
代謝をUPさせると皆さんご存知の通りダイエット効果も?!メタボリックシンドローム予防になりますよね!あと血流が良くなると、お肌のターンオーバーが正常化され、結果『美肌』になれるかもしれません!!
ヤル気が出てきたところで注意しなければならないのは、急な激しい運動です!いきなり「10Km走るぞ!」と気持ちが先行してしまうパターン。過ぎる運動は、返ってカラダのストレス。最悪、怪我や心臓発作、心筋梗塞なんてコトもあるかもしれません。。運動不足の方はまず15分歩いてみては如何でしょうか?


リラックスしよう!

カラダを動かすコトは心にも身体にもいいことですが、『気』が乗らないのに無理にする必要はありません。その「ヤラナイト!ヤラナイト!」がストレスになってしまうからです。また運動すると筋肉や細胞が傷つきます。疲れていると感じている場合、『その傷の修復』と『外部から菌などの攻撃対策』とで、回復が遅れ、、結果抵抗力が落ちちゃうコトもあります。ときには、静養させることも必要なのですね!
a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_s.jpg



バランス良く栄養を取ろう

食事はリラックスさせる1つにもなるかもしれませんね!マツ子、美味しいもの食べている時、すごく幸せです★
また栄養を取ることで効率的に疲労回復や免疫力UPさせることができます!ここでは免疫力UPの代表的な栄養素をご紹介します!

ビタミンA・・・
皮膚や粘膜を強化してくれる栄養素です。菌やウィルスなどの侵入を防いてくれます!
主に、ニンジンやかぼちゃ、ウナギなどに含まれています。
ビタミンB6・・・
侵入してきた菌やウィルスなどから守ってくれる抗体の基となるがビタミンB6。しっかり取ることで、防御機能が高まります!
主に、 レバー、マグロ、バナナに含まれています。
ビタミンC・・・
ナチュラルキラー細胞という侵入してきた菌やウィルスなどと戦ってくれる戦士を活性化してくれます!
主に、果物やピーマンパセリなどに含まれています。
一番は、偏りない食事です!

しっかり睡眠を

やっぱり睡眠です!睡眠は前回の記事でもご紹介しましたが、成長ホルモンやストレス緩和に関わりのあるホルモンを分泌するといわれています。つまりは、身体の疲れを癒し、菌やウィルスと戦ってくれる細胞たちを癒してくれくんです!

dc60fa59c3386a1d468e1f8e286f0ce8_s.jpg

人により、必要とされる睡眠時間は異なりますが、極端に短い、または長いも問題です。目安は6~8時間。疲労した細胞をいやし、また眠ることで頭が整理されて勉強や仕事に集中することができるようになります。





さいごに

ご紹介したものは、ほんの一部です。ご参考になれば嬉しいです☆また自分に合ったものを選び、健康的なライフスタイルを過ごしたいですね♪


健康美万歳(*´д`)o
マツ子