まつげのしくみ

まつげは通常1日に4~5本まつげは抜け落ちております。まつげの周期は、発生期・成長期・退行期・休止期と周期があり、
個人差はもちろんございますが3~6か月の間で生え変わっております。
また、一般的には上まつげは両目で200~300本で、下まつげは100本~150本と言われてます。
まつげパーマやビューラーなどを頻繁にされるとまつげもダメージを受け、他の毛と同じように痛んだり、切れたりします。普段からのお手入れがとても大切になります。

健康なまつげは人それぞれで生え方や向きで異なりますが、太い毛の方でも細い毛の方でも弾力があり適度な油分と水分があれば「艶」があり健康的で元気なまつげです。
定期的なお手入れをなされないと、乾燥し切れ毛や枝毛の原因になります。

健康なまつげと不健康なまつげ

健康なまつげとは・・・

太くても細くても弾力があって艶のあるまつげは健康なまつげと言われる
また、適度の油分と水分もある。

不健康なまつげとは・・・

健康なまつげとは全く逆で、太くても細くても弾力もなく艶感がない。
また、乾燥していて切れ毛や枝毛がある。

まつげの役割

まつげの主な役割は目自体の保護であります。また、まつげの周りの神経には非常に敏感な視覚神経が集中しており、まつげの役割は非常に大きいのです。
ごみやほこりが目に入ろうとした際に瞬時に感じ取りまばたきにより防ぎます。

健康なまつげを維持する為に・・・

まつげは非常に繊細です。目元をゴシゴシ洗ったり、無理なビューラーをかけたり頻繁にまつげパーマ等をしていると、まつげのダメージは大きくなり、痛み抜けてしまいます。
日常的にまつげの美容液などで健康にケアする事をお勧めいたします。

まつげのアイメイク方法として、繊維の入っているマスカラでまつげの長さ、ボリュームをだしたり、付けまつげを付けたりと、目の魅力を引き出すメイク方はいろいろありますが、数年前からは、まつげエクステが注目されてきています。